株式会社フジケンハウジングの現状と未来

地域No.1マンション管理業から
住生活総合企業への変革を。

マンションの管理業務からスタートした株式会社フジケンハウジングは、株式会社フジケンから独立して20年目となります。若い社員が多く活気に溢れた弊社は、主体業務以外にも積極的に挑戦する雰囲気があり、リニューアル、不動産仲介、リフォーム、マンションの大規模修繕、マンション・戸建のメンテナンスと業務はどんどん拡大しています。部署内はもちろん、各部署の横のつながりを強くし、互いに助け合い、自分の仕事以外にも目を向けフォローしあえる環境を整えています。また、世代や役職に関係なく、よい提案は取り入れる風通しの良い職場環境も自慢です。

5期連続売り上げ増加

超高齢化社会の中で、先を見据えられる
若いパワーが求められています。

マンションを取り巻く環境は日々刻々、変化のスピードを増しています。これまでは「建物の老い」と「居住者の老い」という『二つの老い』に対して我々マンション管理業者はどのように対応していくのか?ということが課題となっていましたが、昨今ではそれに加えて「管理業務に従事する者の高齢化」、特に現場における管理員や清掃員の高齢化と人材採用難の問題という『三つ目の老い』という課題が新たに発生し、『3つの老い』を抱えてきています。

そのような中、我々マンション管理業者には、計画的な修繕や耐震化促進、高齢者ニーズに対応した居住者サービスの提供など、早い段階から将来を見通した適切な対応、体制づくりが求められています。管理会社は、常に管理組合に寄り添う最も身近なサポート役として、時代の変化に適合していかなければなりません。

フジケンハウジングの男女構成比

男女構成

フジケンハウジングは現在、約1:2の割合で男性社員が多いです。
※2018年3月現在

フジケンハウジングの年齢分布

年齢分布

30代についで20代が多く、若く活気あふれる社風の中、人材育成にも力を入れています。
※2018年3月現在

名古屋進出で県下No.1へ。

現在は西三河ナンバーワンの管理会社を目指しており、管理棟数は西三河に本社を置く管理会社としてはトップクラスのシェアを誇りますが、地域密着型の管理会社として、お客様のニーズに素早く応えること、建物・設備等のハード面、日常生活等のソフト面で真の安心・安全の提供等、名実ともにしたナンバーワンを目指しています。

また親会社の株式会社フジケンは既に「愛知県下ナンバーワンのディベロッパー」と謳われていますが、当社も来期以降は名古屋エリアの進出を計画し、これからは県下ナンバーワンの管理会社を目指していきます。これまで三河を中心に事業をおこなってきた当社にとって名古屋エリアは新規進出となりますが、チャレンジ精神旺盛で新たな舞台を切り拓いていくことのできる熱い人物をお待ちしています!