フジケンハウジングのスタッフ紹介

スタッフ一覧へ戻る

皆様にご満足いただける価値あるサービスをご提供します。

手島 健一郎 (てしま けんいちろう)

出身地 愛知県西尾市
保有資格 マンション管理士、宅地建物取引士、管理業務主任者、区分所有管理士、二級建築施工管理技士、マンション維持修繕技術者、マンション改修施工管理技術者、建築仕上診断技術者、免震建物点検技術者、消防設備士、福祉住環境コーディネーター3級、甲種防火管理者
趣味 読書、ゴルフ
休日を過ごす場所 三河湾リゾートリンクス、ロイヤルスポーツクラブ
好きな食べ物 刺身、焼肉、ラーメン
よく聴く音楽 クラシック
好きな映画 『ペイ・フォワード』
長所・特技 水廻りの掃除

私が考えるフジケンハウジングの良いところ3つ

地域密着(いつもそばにいる)、いつも笑顔の対応、最高のおもてなし

仕事の上で私が大切にしてること

マンション管理の仕事は、マンションの共用部分の管理を管理組合から委託され、良好な住環境を維持するためにお客さまと協力して様々な問題に取り組む仕事になります。具体的には、理事会といったマンションの代表者で構成されている組織と打ち合わせを行い、マンション内で発生している問題の解決を図ったり、お客さま個人のトラブルにも可能な限り対応します。お客さまとは、その場限りの「点」ではなく、「線」でのお付き合いになるため、信頼を得ることが何より重要になります。管理というサービスには決まった商品があるわけではないので、何をどのように提案するかは、しっかりマンションのことを理解し、お客さまのニーズに合わせ最適なタイミングで最適な解決策を提案することを心がけています。

仕事で感動した(嬉しかった)エピソード

この仕事に就いて間もない頃に担当となったマンションの話ですが、そこの理事長様の管理会社に要求されるレベルが非常に高く、提案や資料を細かく指摘され、理事会のたびに気が重くなるような事がありました。いつしか、理事会の後には理事長様と二人で理事会の反省会を行い、次回の理事会までの課題が出されるようになっていました。初めのうちは課題に追われ大変な日々でしたが、理事長様や理事会の要望に応えられるよう試行錯誤して業務に取り組むことで、出される課題がどんどん減り、私の提案を受け入れていただけることが増えてきました。就任期間の最後の反省会では、「初めのころと比べるとずいぶん成長したね、これからもこのマンションを頼むよ」とまでおっしゃっていただき、非常に感動したことを今でも業務の励みにしています。

お客様へのメッセージ

質の高いマンションライフのためには、潤いのある住環境を作り、大切に保護していくことが重要と考えております。また、管理の良否は、潤いと安心・安全の住まいを構築することで、その価値を左右する。これをモットーにマンション居住者の皆様にご満足いただけるよう価値あるサービスを提供していきたいと思います。